暗号資産速報

立会外分売

立会外分売
    1. 実施予定の発表
    立会外分売の実施予定は、通常、分売実施日の約2週間から1日前に、上場会社より公表されます。
    ・当社ホームページの【実施予定の立会外分売】にて、16:00~17:00に情報を更新いたします。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込) 立会外分売
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market 立会外分売 Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

立会外分売とは?行う理由とメリット・デメリットをチェックしよう

(画像=PIXTA)

立会外分売の概要

なぜ立会外分売を行うのか

立会外分売のメリット

・株の購入手数料がかからない
・株式を割引価格で購入できる
・より上の取引所へ市場替えを行う可能がある

株の購入手数料がかからない

株式を割引価格で購入できる

より上の取引所へ市場替えを行う可能がある

立会外分売のデメリット

・必ずしも儲かるわけではない
・希望者多数の場合は抽選になる
・購入できる時間が限られている
・常に購入できるわけではないのでこまめにチェックが必要

必ずしも儲かるわけではない

希望者多数の場合は抽選になる

購入できる時間が限られている

常に購入できるわけではないのでこまめにチェックが必要

立会外分売で購入できる証券会社

証券会社一覧

立会外分売
店舗型証券会社 ● 野村證券
● みずほ証券
● 大和証券
など
ネット証券会社● SBI証券
● 楽天証券
● 松井証券
● マネックス証券
● 岡三オンライン証券
など

おすすめの証券会社

・SBI証券
ネット証券大手の会社です。取引手数料も低めに抑えているため、立会外分売で取得した株式を売却するのにも向いています。SBI証券の立会外分売のサービス概要は、以下の通りです。

申込方法 インターネット
申込時間 立会外分売実施日前営業日18時~分売実施日8時20分

・楽天証券
こちらもネット証券大手で知られる会社です。立会外分売のサービス概要を確認してみましょう。

立会外分売 立会外分売
申込方法 インターネット
申込時間 立会外分売実施日前営業日の夕刻(おおむね17時15分ごろ)~分売実施日8時20分

・松井証券
ネット証券のパイオニアとなる証券会社です。若年層(25歳以下)の契約者であれば現物取引の手数料が無料といったユニークなサービスも行っています。立会外分売のサービス概要を確認しておきましょう。

立会外分売とは?メリット・デメリットの紹介や、本当に儲かるのかを検証

担当:やさしい株のはじめ方編集部

立会外分売の発表当日に、「これから申し込みできる立会外分売の予想と結果」や、Twitter「@yasakabu」で発信しているので、ぜひチェック・フォローしてください!

5.立会外分売におすすめの証券会社

ただし、 立会外分売 複数の証券会社から申し込むことで、当選確率がアップ します!他に利用したい取引と合わせて、ニーズに合う証券会社を複数選んで口座開設しましょう。

立会外分売 立会外分売 立会外分売 立会外分売
ネット証券 の比較表 〔手数料は税込〕 ( 2022年6月現在)
証券会社 名
(公式サイトへ)
株式売買手数料 証券会社別
マル得 情報
ネット証券
詳細情報へ
10万円まで 20万円まで 50万円まで
SBI証券
レポート&2,500円
無料 無料 無料 取引等で
SBIポイント
楽天証券 無料 無料 無料 取引等で
楽天ポイント
松井証券
最大 30,000円
キャッシュバック
無料 無料 無料 50万円以下
手数料 無料
SBIネオトレード証券
(旧 ライブスター証券) 著書プレゼント! (限定)-->
88円 100円 198円 業界
最安値 水準
手数料
マネックス証券 99円 115円 275円 分析 ツール
豊富

twitter

hatena

  • LINE証券のタイムセールを攻略!次回開催日や条件、買い方などを紹介

やさしい株のはじめ方編集部
「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。当サイトを見て、少しでも“勉強になった”と思っていただければ幸いです。

Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!

立会外分売

立会外分売は取引手数料無料で前日終値より安く購入できる可能性があります

購入手数料無料(0円)! 立会外分売による買付は、通常の立会時間内の取引と種類が異なり、買付に係る手数料分は売出側が負担します。したがって、投資家には 買付時の取引手数料はかかりません 。
※売却時には通常の取引手数料が発生します。 割引価格で購入できる! 立会外分売における1株あたりの購入価格(分売値段)は1本値となっており、通常、前営業日の終値から平均2%~3%ほど割安な価格が分売値段として設定されます。

実施中の立会外分売銘柄

  • 現在実施中の銘柄はありません。
  • 実施日の前営業日16:00~17:00に情報を更新いたします。
  • 買付申込の受付開始時刻は前営業日の17:00です。
  • 立会外分売の更新情報は、SNSでリアルタイムに通知をお受け取りいただけます。

実施予定の立会外分売銘柄

  • 実施予定の立会外分売について予定銘柄が中止になった場合は、上記予定リストから削除いたします。

過去に実施した立会外分売の履歴

お取扱から申込みまでの流れ

    1. 実施予定の発表
    立会外分売の実施予定は、通常、分売実施日の約2週間から1日前に、上場会社より公表されます。
    ・当社ホームページの【実施予定の立会外分売】にて、16:00~17:00に情報を更新いたします。

2. 実施日・条件の発表
立会外分売の実施日および条件(分売値段等)は、実施日の前営業日夕方に確定し、公表されます。
・当社ホームページの【実施中の立会外分売】にて、16:00~17:00に情報を更新いたします。

3. 注文受付開始
立会外分売の注文受付は、実施日前営業日17:00から実施日当日8:30までとなります。※システムメンテナンス時間(3:30~5:30)を除く。 立会外分売
NEOTRADE W(PCブラウザ版)の左メニュー「現物取引」>「立会外分売」を開き、対象銘柄の「買付」ボタンをクリックすると注文画面が表示されます。口座区分(特定・一般)、注文株数を設定し、注文を行います。
※NISAはご選択いただけません。


・注文時には、現物取引の買付可能額が分売による買付代金(分売値段×注文株数)を満たしている必要があります。
・申込数量限度(お一人様あたり)を超える株数の注文は受付できません。
・注文受付後の訂正はできません。一旦お取消いただいたうえで、改めてご注文ください。
・注文の取消は、実施日当日8:30まで可能です。
・受渡日は通常の取引と同様です。

4. 分売実施と配分結果確認
証券取引所にて取引開始前(立会前)に立会外分売が実施されます。各証券会社への株数の割当てを受け、お客様のご注文の約定処理を行います(約定配分に関する配分ルールに従って配分いたします)。
配分の結果は、実施日の8:50以降にNEOTRADE W(PCブラウザ版)の左メニュー「現物取引」>「注文照会(現物)」をご確認ください。

2~4%引きで買えて購入手数料ゼロ。
株の初心者にもおすすめする立会外分売とは?

2~4%引きで買えて購入手数料ゼロ。<br /></p>
<p>株の初心者にもおすすめする立会外分売とは?

今日は、「立会外分売」のお話です。
立会外分売とは、大株主がある程度の規模の株をまとめて売りたい時に、取引時間外において、たくさんの投資家に、割引価格で買ってもらう取引です。
一般的には1回当たり10万~30万株程度の立会外分売が多いと思います。

私自身、立会外分売を利用することは非常に多いのですが、これに注目すると、いろいろなことが学べます。
まだ、立会外分売を試したことがないという方がいれば、ぜひチャレンジしてみてください。
また、立会外分売をやっていても、短期の値幅取りにしか目が行っていない人も多いと思いますので、今日は、派生する論点について、少し深い所まで学んでいただければと思います。

・大株主側のメリット
大量の株を市場内で一気に売ろうとすると、株価が大きく下がってしまい不都合なため、立会外分売を利用することにより、多少割引はしても固定価格で売りたい数量を売れる。

・投資家側のメリット
前日の終値から2~4%程度割引された価格で、なおかつ手数料無料で購入することができる(ただし購入には上限があるうえに抽選という条件付)。

適時開示情報を毎日見ていると、「1~2週間後に立会外分売を実施します」というお知らせが、たびたび出てきます。そして立会外分売が実施される前日には、適時開示情報において、「本日終値の〇%引きにて立会外分売を明日実施します」というお知らせが出ます。

立会外分売は、主要なネット証券であれば、ほぼ取り扱っているので、ネット証券の立会外分売のページから、前日~当日朝(多くは8時20分が最終期限)に抽選の申し込みをすることができます。
そして、通常であれば、8時50分~55分ころに抽選結果が判明します。
市場は9時にスタートですから、立会外分売に当選したら、すぐ売ることも可能なわけです。

立会外分売はなぜ
初心者におすすめなのか

・割引価格+買いの手数料無料
前日の終値から約2~4%引きで、しかも手数料無料で購入できるため、この点だけ見れば投資家側に非常に有利です。
9時の寄り付き時に市場でいくらで売れるかにもよりますが、いきなり分売価格割れでスタートするケースはそれほど多くない印象です。分売価格より上の株価でスタートすればプラスのリターンとなります。

・少額から投資可能で低リスク低リターン
たとえば、立会外分売をひたすら申し込んで、当選したら9時に売るだけということをやっている人もそれなりにいそうです。数百円とか数千円程度の利益にしかなりませんが、IPOと比較すれば当たりやすいため、投資に慣れるという意味ではなかなか良い方法ではないかと思います。

・ブログ等で他人の注目ポイントから学べる
何も考えずに、ひたすら立会外分売に申し込むだけだと、たまに大きくマイナスになるような銘柄を引いてしまうこともあると思います。
しかし、立会外分売は比較的多くの人が取り組んでおり、ブログ等で値動きの予想を書いている人もそれなりにいます。
そういう人たちが、どのような点に着目して立会外分売に参加、または不参加を決めているのか、そして実際の値動きがどうだったのかを観察しているだけでも、勉強になると思います。
そして、それを続けることで、自分でもある程度は予想が立てられるようになるはずです。そういう分析と観察の体験が非常に重要です。

それは、大株主が立会外分売を実施する“ウラの意図”についてです。

もちろん、たんに大株主が持ち株を売りたいからというのも1つの理由でしょう。
しかし、その他にもさまざまな理由があると考えられます。
特に、社長が大株主の場合は、企業の意図が立会外分売に隠れていると考えられます。

・流動性の改善
流動性とは、日々の取引量のようなものです。
大株主の持ち株比率が大きすぎる場合、売り注文も買い注文もまばらで、なかなか取引が成立しない場合があります。そこで、広く浅く、多くの人に株主になってもらうことで、日々の取引量を増やし、会社の実力に見合った、適正な株価になることを意図して行われることがあります。

・昇格要件を満たすため
東証2部や東証1部などの上位市場へ昇格するためには、満たさなければならない要件があります。
たとえば、株主数が、東証2部で800人以上、東証1部で2200人以上必要なため、これを満たすために、立会外分売を行って、株主の数を増やそうとしていると推測できます。

また、少々難しいのですが、流通株式比率という要件もあります(「浮動株」と混同している方が非常に多いですが別物です)。
東証2部で30%以上、東証1部で35%以上となっており、これも立会外分売をすることで、要件を満たすことがあります。

・降格要件を避けるため 立会外分売
逆に、東証1部の会社が東証2部に降格になってしまうのを防ぐため、という場合もあります。
たとえば、東証1部の会社の株主数が2000人未満になると2部降格の対象になりますので、猶予期間1年の間に株主数を増やさなければなりません。そんな時に立会外分売がよく使われます。

なお、発売中の私の著書『運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資法』では、たった3つの点に注目することで、立会外分売に限らず、 企業のさまざまな資本政策(増資・売出・自社株関連取引など)の、企業への影響、株価への影響がわかるように、まとめて掲載しています。

好評発売中!

勝てる個人投資家は何を考え、どういうプロセスで投資を決めているのか。その過程がつぶさにわかる一冊。株主優待株はもちろん、割安株、成長株についても、独自の視点で他の投資家の一歩先行く投資手法を公開。株価チャートよりもファンダメンタル重視の著者ならではの、決算書(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)の具体的な投資への活かし方を解説。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる