高金利通貨でのFX

ETF購入におすすめの証券会社は

ETF購入におすすめの証券会社は

※上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり(コード:2569)の運用状況をもとに、日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

ETFと投資信託の手数料の違いはどれくらい? S&P500・ダウ平均株価・日経平均を直近1年で比較してみた

具体的には、S&P500のETFから「iシェアーズS&P500米国株ETF(以下iシェアーズ)」、S&P500の投資信託から「バンガード・S&P500インデックス・ファンド(以下バンガード)」、ダウ平均のETFから「NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信(以下NEXT FUNDS)」、投資信託から「三井住友TAM-SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン(以下三井住友TAM-SMT)」を比較します。

購入 手数料 信託報酬 信託財産 留保額
iシェアーズ 0.0000% 0.0750% 0.0000%
バンガード 0.0000% 0.0938% 0.0000%
NEXT FUNDS 0.0000% 0.4950% 0.0000%
三井住友 TAM-SMT 0.0000% 0.5500% 0.2000%

ダウ平均の方がETF・投資信託ともに信託報酬がやや高めに設定されています。また、三井住友TAM-SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープンは、信託財産留保額が設定されています。

1年間 分配金総額
iシェアーズ 12.3% 15円
バンガード 13.6% 0円
NEXT FUNDS 3.0% 295円
三井住友 TAM-SMT 4.5% 0円

ETF購入におすすめの証券会社は ETF購入におすすめの証券会社は ETF購入におすすめの証券会社は
(1)
売却時の元本
(2)
分配金収入
(3)
売却時の手数料
収益
iシェアーズ 112.32万円 0.58万円 0.00万円 12.89万円
バンガード113.62万円 0.00万円 0.00万円 13.62万円
NEXT FUNDS 102.97万円 0.95万円 0.00万円 3.92万円
三井住友 TAM-SMT 104.50万円0.00万円 0.21万円 4.29万円

S&P500と日経平均株価のインデックス投資の比較

  • MAXIS 日経225上場投信
  • SMDAM 日経225上場投信
  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim国内株式(日経平均)
  • ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

日経平均株価・ダウ平均株価・S&P500のETF・投資信託の実績比較

具体的には、S&P500からは先ほど同様iシェアーズとバンガードの商品を参照、日経平均株価からETF「SMDAM 日経225上場投信(以下SMDAM)」、投資信託「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim国内株式(日経平均)(以下eMAXIS Slim)」を参照して比較します。

ETFと投資信託どっちを選ぶべき?違いやETFのメリット・デメリット、リスクについて解説

ETFのデメリットは、売買できるのは証券会社に限られ、一般的な投資信託のように銀行では取り扱われていないこと、積立投資ができにくいことです。積立投資ができる銘柄はあるものの、その銘柄数は十銘柄前後にすぎません。また積立投資ができる証券会社も数社に限られているため、積立投資ができる証券会社に口座を開設する必要があります。また、売買できる株価指数の銘柄は一般の投資信託と比較すると限られており、銘柄によっては売買金額が少ないために買いたいときに買えない、売りたいときに売れないという流動性リスクがある銘柄もあります。

年に1回または複数回ある決算期に分配金が支払われますが、分配金を投資元本に加え再投資することで得られる「複利効果」を、一般の投資信託のように自動的に得ることはできません。なお、商品価格などに連動する一部の銘柄には分配金が支払われないものもあります。

わかる選べるNISA投資 わかる選べるNISA投資

02 ETFと投資信託、株式投資の違い

ETF購入におすすめの証券会社は ETF購入におすすめの証券会社は
ETF 投資信託 株式
上場の有無 上場 非上場 上場
購入金融機関 証券会社 証券会社や銀行など 証券会社
売買価格その時々の時価 1日に一つの基準価額 その時々の時価
注文方法 成り行き・指値注文 基準価額がわからない状況で購入・換金の申込みを出す(ブラインド方式) 成り行き・指値注文
売買手数料 証券会社ごとに売買手数料は異なる 投資信託ごと、取扱い金融機関ごとに異なる。 証券会社ごとに売買手数料は異なる
保有時の手数料 投資信託より運用管理費用(信託報酬)は低い ETFより運用管理費用(信託報酬)は高い 保有時に手数料はかからない

上場しているかどうかの違い

売買の注文は、その時々の時価で買ったり、売ったりできる「成り行き注文」と、一定の価格以下でETFを買いたい、あるいは一定の価格以上で売りたいという「指値(さしね)注文」があります。どちらの注文方法を利用するかは投資家が選べますが、指値注文では自分が指定した価格以下(以上)にならないと売買が成立しません。

ETF 投資信託
投資信託(インデックス型 投資信託(アクティブ型)
購入時手数料 かかる かかるものがある かかるものがある
売却時手数料 かかる 不要 不要
運用管理費用(信託報酬) かかるが投資信託と比べると低い かかるがアクティブ型に比べると低い かかる
信託財産留保額 不要 かかるものがある かかるものがある

わかる選べるNISA投資 わかる選べるNISA投資

03 ETFはこんな人におすすめ

わかる選べるNISA投資 わかる選べるNISA投資

04 投資信託はこんな人におすすめ

時間分散を活用して積立投資を行うなら投資信託のほうが選択肢は多くなります。ETFは限られた銘柄を限られた証券会社でしか積立投資を行うことができないからです。
また、ETFで投資できる市場、国・地域などは投資信託と比べて限られています。ETFがカバーしていない市場や国・地域に投資するなら投資信託を活用することになります。

ETF購入におすすめの証券会社は

米国株か世界株のインデックスファンドが“定番”のようですね。

いいと思います。それはきっと、 将来に向けた“本気の資産形成” をする人が増えた結果だと思います。 最大の経済大国でありながら、次々に新しいイノベーションを生み出す米国の懐の深さとポテンシャル は、悔しいけれど認めざるを得ないところですから。

ランキング


※上図はイメージです。

銀行では無理。でも証券会社の口座ならOK

ETFは「上場投資信託」 という日本語訳が与えられる通り、証券取引所に上場しており、ひとことで言えば 「個別銘柄と同じように売買できるインデックスファンド」 です。

「上場」しているということは、証券会社を通じて証券取引所に発注する必要があるので、銀行では買うことができません。でも 証券会社で口座を開いている方なら、すぐに銘柄コードを打ち込んで注文 することができます。そう、例えばトヨタ自動車なら[7203]のような4桁のコードがそれぞれのETFにも振られており、それを用いて発注するのです。それを 「東証ETF」 といい、日興アセットが作ったものだけで、28銘柄あります。

ETF?上場投信?

合理的な人が選ぶ「ETF」という選択肢

一方、若者だけでなく、あの 著名投資家であるウォーレン・バフェット氏も、死後には資産の9割をS&P500のETFにするように と、すでに遺産管財人に指示しているそうです。

*出所:BlackRock ETF Pulse Survey
※上記銘柄について、売買を推奨するものでも、将来の価格の上昇または下落を示唆するものでもありません。

ミレニアル世代の3人に1人/ウォーレン・バフェット氏

つみたてNISAと東証上場ETFの“合わせ技”

その毎月の積立に加えて、ボーナスなどで大きなお金が入ってきたり、お金が少しまとまったタイミングで活用したいのが、東証ETFのスポット(単発)買いです。つまり 「つみたてNISA」の毎月コツコツ買い + 「東証上場ETF」でのスポット買い、というスタイル です。

このあと紹介する 「東証上場の米株ETF」は数万円くらいから買える ので、使わないお金が出来たらタイミングを計らず少しずつ買ったり、ボーナスなどまとまったお金が入ったりしたらその時に、いつもの証券口座に4桁の銘柄コードを打ち込んで買っていくわけです。

毎月コツコツ買い/まとまったお金でスポット買い

東証上場ETFで米株指数を買う。控えめに言って「賢者のスタイル」では?

シンプルかつ「自ら管理している」という気持ちよさ

「つみたてNISA」と「東証ETF」の合わせ技を自分のスタイルとして決めてしまうことで、 資産運用の管理は「つみたてNISA」と「証券口座」のワンストップで完結 することになります。「証券口座」のリストには、以前気に入って買った「トヨタ100株」などと一緒に「S&P500 ETF 」が一覧で並び、 シンプルで主体的な管理 ができるようになります。

つみたてNISAとETF

「東証上場の米株ETF」という意味

「東証上場の米株ETF」はそれらのハードルを極めて低くしたETF です。S&P 500やNYダウや、さらには新進気鋭の銘柄で構成されたNASDAQ 100(ナスダック100)の指数までもを、 日本時間で、日本円で、いつもの証券口座で取引することが可能 なのですから。

図:アメリカと日本の時差

“気持ち悪さ”がありません

何より投資信託ではどうしても発生する、 注文と価格決定の間の大きな時間差が発生しない ことがETFの一番のメリットかもしれません。

もちろんETFの場合だって、「この値段で!」と入れた指値(さしね)で買えるかどうかは分からないままの発注ですし、成行(なりゆき)注文ならその時のタイミングで取引価格が決まってしまいます。それでも、少なくとも ライブな時間の中で自らコントロールしようとしている 点が、投信とETFの取引における感覚の大きな違いなのだと思います。

投資信託待機中

自動積立には向かないのがデメリット

一方「東証上場ETF」は、投資信託で一般的な毎月の自動積立はできないことがほとんど(可能な証券会社もあります)。これは証券会社など金融機関のシステムの問題ですが、当面は ETFは「スポット買いのツール」 として割り切ることが必要です。ETFの買付時に資産全体を見回す機会と捉えてもいいかもしれません。もし「つみたてNISA」の月3万3千円以上に毎月の自動積立をしたいなら、投資信託を選ぶしかないでしょう。

「米株指数・3兄弟」あります。何なら3つとも育ててみては?

NYダウ ETF
日興アセットが組成する、NYダウ指数に連動する「東証上場ETF」

NYダウ は米国を代表する優良企業30社を平均して算出する指数で、日本でいえば「日経平均株価」的な存在。歴史も古く、日本のニュースでも日経平均と一緒に毎日報道される点で、 最も身近な米国株へのインデックス投資です。

日興アセットの「東証上場ETF」の「米株指数・3兄弟」のいわば、 “皆が知っている安定感ある長男” です。

NYダウETF 構成銘柄


※上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジあり(コード:2562)の運用状況をもとに日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

S&P500 ETF
日興アセットが組成する、S&P500指数に連動する「東証上場ETF」

S&P500 は米国を代表する500社程度を対象に算出する指数で、日本でいえば「TOPIX」的な存在。NYダウに比べて幅広い業種から500社程度を押さえているため、 プロの投資家などが参照する指数として有名で信頼度も高い指数 です。投資信託でも、この指数のインデックスファンドが人気のようです。

日興アセットの「東証上場ETF」の「米株指数・3兄弟」のいわば、 “実力たっぷりの信頼の次男” です。

S&P500ETF 構成銘柄


※上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(コード:2521)の運用状況をもとに日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

NASDAQ100 ETF
日興アセットが組成する、NASDAQ100に連動する「東証上場ETF」

最近ではニュースで「昨日のNYダウとナスダック総合指数は. 」と報道されるようになったナスダックですが、日興アセットが「東証上場ETF」にしたのは、その ナスダックの中でも金融株(または、金融セクター)を除いた組入比率が高い100社だけで算出する「NASDAQ100」という指数 です。

日興アセットの「東証上場ETF」の「米株指数・3兄弟」いわば、 “伸び盛りの元気一杯の三男坊” です。

NASDAQ(ナスダック)100ETF 指数構成銘柄


※上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり(コード:2569)の運用状況をもとに、日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

おすすめのETF銘柄は?投資信託との違いやメリット・購入可能な証券会社を紹介

おすすめのETF銘柄は?投資信託との違いやメリット・購入可能な証券会社を紹介

Exchange Traded Fund. Investor concept. ETF. Stock market index fund.

  • ETFの特徴やメリット
  • ETFのおすすめ銘柄
  • ETFを購入できる証券会社

ETFは投資初心者にもおすすめ!特徴やメリット

ETFは、Exchange Traded Fundの略称です。日本では「上場投資信託」と呼ばれ、投資信託と株式投資のよいところを組み合わせた金融商品として、近年人気が高まっています。ETFを活用して資産運用をするためには、ETFの特徴やメリット・デメリットを押さえておくことが大切です。

ETFの概要について

ETFのメリットとは

値動きが把握しやすい

少額から始められる

運用管理コストが低い

  • 運用会社の運用費
  • 投資信託の資金管理をする際の費用
  • 販売会社の販売費

分散投資ができる

自由に売買できる

ETFのデメリットとは?

売買手数料に注意が必要

積立ができない

分配金が自動で再投資されない

株主優待がない

ETFの銘柄選びのポイント

株価やチャート

おすすめのETF銘柄の例を種類別に紹介!

おすすめの国内株式ETF

NEXT FUNDS 日経225ETF(1321)

東京証券取引所一部に上場している約2000社のうち、日本経済新聞社によって選ばれた流動性の高い225銘柄を日経225といいます。日本を代表する企業の平均株価であり、「日経平均」とも呼ばれます。日経平均との連動を目指すETFを「日経225連動型」といいます。ユニクロの母体であるファーストリテイリングやソフトバンクグループといった、日本でも指折りの企業で構成されているのが、NEXT FUNDS 日経225ETFです。

ETF購入におすすめの証券会社は
銘柄名 NEXT FUNDS 日経225ETF(1321)
ベンチマーク(指数) 日経平均株価
運用会社 野村アセットマネジメント株式会社
経費率0.18%
直近の分配金 365円(1口当たり・税引前)
分配金利回り 1.19%
売買高 6万4952 株(2021年11月18日時点)
乖離率 +0.07%(2021年11月17日時点)
信託報酬 0.20%
購入可能な証券会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券

NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投資信託(1306)

TOPIXは、東京証券取引所一部に上場している全銘柄の時価総額を対象とした株価指数です。NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投資信託は、日本の株式市場全体の値動きを表すTOPIXとの連動を目指しています。野村アセットマネジメント株式会社が運営しており、トヨタ自動車やソニーグループといった有名企業で構成されています。

ETF購入におすすめの証券会社は
銘柄名 NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投資信託
ベンチマーク(指数) TOPIX
運用会社 野村アセットマネジメント株式会社
経費率 0.09%
直近の分配金 36.6円(1口当たり・税引前)
分配金利回り 1.73%
売買高 48万4190 株(2021年11月18日時点)
乖離率 +0.05%(2021年11月16日時点)
信託報酬 0.0968%以内
購入可能な証券会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券

おすすめの外国株式ETF

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

ETF購入におすすめの証券会社は ETF購入におすすめの証券会社は ETF購入におすすめの証券会社は
銘柄名 バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
ベンチマーク(指数) オール・ワールド・インデックス
運用会社 ザ・バンガード・グループ・インク
経費率 0.03%
直近の分配金 0.72420ドル
分配金利回り 1.20%
売買高 241万9879 株
乖離率 0.05%
信託報酬 0.03%
購入可能な証券会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

ETF購入におすすめの証券会社は
銘柄名バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
ベンチマーク(指数) FTSE®︎グローバル・オールキャップ・インデックス
運用会社 ザ・バンガード・グループ・インク
経費率 0.08%
直近の分配金 0.41200ドル
分配金利回り 1.58%
売買高 285株
乖離率 0.12%(2021年11月16日時点)
信託報酬 0.08%
購入可能な証券会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券

おすすめのREIT ETF

REIT(リート)ETFの「REIT」は、Real Estate Investment Trustの略称です。日本では「不動産投資信託」と呼ばれ、投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、マンションといった不動産を運用することを目的としています。REITでは、投資者が間接的に不動産オーナーになることができるのが特徴です。REITはアメリカで開発され、日本では2001年9月に登場しました。日本のREITは、「JAPAN」の「J」を付けて「J-REIT」と呼ばれています。現在はアメリカや日本だけでなく各国にREIT市場がありますが、その仕組みは国によって異なり、日本では外国の個別銘柄を購入することができません。そのため、REITを含むETFに投資するケースが多く見られます。

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)

ETF購入におすすめの証券会社は ETF購入におすすめの証券会社は
銘柄名 NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)
ベンチマーク(指数) 東証REIT指数
運用会社 野村アセットマネジメント株式会社
経費率 0.16%
直近の分配金 1880円(2021年11月10日時点)
分配金利回り 3.2%(2021年11月17日時点)
売買高 6万2590株(2021年11月18日時点)
乖離率 -0.04%(2021年11月18日時点)
信託報酬 0.1705%
購入可能な証券会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券

iシェアーズ ETF購入におすすめの証券会社は 米国リート ETF

アメリカのREITで構成される指数「FTSE Nareit Equity REITs インデックス(TTM 円建て)」との連動を目指しているのが、iシェアーズ米国リートETFです。日本株と同様に、日本時間で取引ができます。分散投資や長期的な資産運用を行う場合におすすめのファンドです。

銘柄名 iシェアーズ 米国リート ETF
ベンチマーク(指数) FTSE Nareit Equity REITs インデックス(TTM 円建て)
運用会社 ブラックロック・ジャパン株式会社
経費率 0.20%
直近の分配金 8円(2021年11月9日時点)
分配金利回り 1.55%
売買高 9644 株
乖離率 -0.ETF購入におすすめの証券会社は ETF購入におすすめの証券会社は 05%(2021年11月18日時点)
信託報酬 0.2200%程度
購入可能な証券会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券

おすすめのレバレッジ(ブル)型・インバース(ベア)型ETF

NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信

ETF購入におすすめの証券会社は
銘柄名 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
ベンチマーク(指数) 日経平均レバレッジ・インデックス
運用会社 野村アセットマネジメント株式会社
経費率 -
直近の分配金 0円
分配金利回り 0%
売買高 421万4190 株(2021年11月18日時点)
乖離率 -0.08%(2021年11月18日時点)
信託報酬 0.8800%
購入可能な証券会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券

NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信

ETF購入におすすめの証券会社は
銘柄名 NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信
ベンチマーク(指数) 日経平均インバース・インデックス
運用会社 野村アセットマネジメント株式会社
経費率 0.80%
直近の分配金 0円
分配金利回り 0%
売買高 7万3200株(2021年11月17日時点)
乖離率 0.03%(2021年11月18日時点)
信託報酬 0.8800%
購入可能な証券会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券

おすすめの金ETF

SPDRゴールドシェア(GLD)

ETF購入におすすめの証券会社は ETF購入におすすめの証券会社は
銘柄名 SPDRゴールドシェア(GLD)
ベンチマーク(指数) 金地金価格(ロンドン金値決め)
運用会社 ワールドゴールド
経費率 0.40%
直近の分配金 -
分配金利回り -%
売買高 4万8600株
乖離率 -%
信託報酬 https://www.morningstar.co.jp/etf_foreign/overview.do?ISIN=MSFEUSA04AFG
https://www.bloomberg.ETF購入におすすめの証券会社は co.jp/quote/GDX:US
購入可能な証券会社 SBI証券

ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)

ETF購入におすすめの証券会社は
銘柄名 ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)
ベンチマーク(指数) NYSE Arcaゴールド・マイナーズ・インデックス
運用会社 ヴァン・エック・グローバル
経費率 0.52%
直近の分配金 0.1899ドル(2020年12月21日時点)
分配金利回り 0.55%
売買高 1559万5601株(2021年11月17日時点)
乖離率 0.04%
信託報酬 0.51%
購入可能な証券会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券

ETF投資におすすめの証券会社3選

ETFのおすすめ証券会社①「マネックス証券」

おすすめのETF銘柄は?投資信託との違いやメリット・購入可能な証券会社を紹介

ETFのおすすめ証券会社②「楽天証券」

おすすめのETF銘柄は?投資信託との違いやメリット・購入可能な証券会社を紹介

楽天証券には「手数料0円ETF」があり、対象は123銘柄もあります。期間限定のキャンペーンではなく、いつでも売買手数料がかからないという、投資家にはうれしいサービスです。これはキャッシュバックではないので、税金の心配もありません。対象銘柄の中には、NEXT FUNDS TOPIX ETF(1306)やNEXT FUNDS 東証REIT指数ETF(1343)、iシェアーズ米国リートETF(1659)といった人気銘柄も含まれているため、重宝するでしょう。

サービスにも魅力があります。例えば「買付手数料無料 海外ETF」では、米国上場ETFのうち9銘柄の取引に手数料がかかりません。対象はバンガード社やステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ社、Global X社といった人気銘柄ばかりです。

ETFのおすすめ証券会社③「SBI証券」

おすすめのETF銘柄は?投資信託との違いやメリット・購入可能な証券会社を紹介

運用をすべて任せられる「Wealth Navi ETF購入におすすめの証券会社は for SBI証券」というサービスもあります。最新テクノロジーを駆使したサービスで、ノーベル賞受賞者の理論をベースにした資産運用ができます。銘柄の選定から税金の最適化まで任せられるため、「自分で銘柄を選ぶのが難しい」という方におすすめです。

ETFに関するよくあるQ&A

Q.ETFとはどのような投資方法?

ETFは Exchange Traded Fundの略称です。日本では上場投資信託と呼ばれ、日経平均株価やTOPIXといった指数をベンチマークとし、連動を目指すのが特徴です。

ETF購入におすすめの証券会社は

国内株情報ツール「カブ板」リリース

移管手数料キャッシュバックキャンペーン

信用金利優遇プログラム!最良優遇金利1.19%

紹介キャンペーン

サイト内検索

  • 予定 マイクロアド ETF購入におすすめの証券会社は 予定 モイ --> 受付中 モイ --> 受付終了 モイ --> 抽選終了 モイ --> 購入者確定 モイ -->
  • 予定 愛知時計電機(6/13~6/15) 実施 ハブ(5/10-5/12) --> 予定 ハブ(5/10-5/12) -->

重要なお知らせ

新着情報・キャンペーン

セキュリティについて

SBIグループのサービス

[PR] FOLIO ROBO PRO 暗号資産もSBI

リスクについて

SBIグループサービス

SBIグループサービス

株式会社SBIネオトレード証券 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第8号 加入協会 日本証券業協会 /一般社団法人 金融先物取引業協会 Copyright © SBI Neotrade Securities Co., Ltd. All Rights Reserved.株・信用取引に特化!SBIネオトレード証券

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる