FXのチャートの見方

レバレッジ取引

レバレッジ取引
■その他、キャンペーン情報
『新規口座開設完了で、もれなく全員に2,レバレッジ取引 000円プレゼント!』キャンペーンも只今実施中です。

仮想通貨取引におけるレバレッジとは?

レバレッジは、ロングポジションと ショートポジションの両方に適用することができます。ロングポジションを持つということは、その資産の価格が上がると予想することです。これに対して、ショートポジションを持つということは、その資産の価格が下がると考えていることを意味します。これは通常の現物取引と同じように聞こえるかもしれませんが、レバレッジを使用すると、保有資産ではなく、担保のみに基づいて資産を売買することができます。つまり、資産を持っていなくても、相場が下がると思えば借りてきて売却する (ショートポジションを建てる) ことができるのです。

レバレッジロングポジションの例

10倍のレバレッジで$10,000相当のBTCのロングポジションを持ちたいと想像してください。つまり、$1,000を担保にすることになります。BTCの価格が20%上昇した場合、$2,000の純利益 (手数料を除く) を得ることができ、レバレッジを使用せずに$1,000の資本で取引した場合の$200よりもはるかに高い利益となります。

しかし、BTC価格が20%下落した場合、あなたのポジションは$2,000減少することになります。最初の資本金 (担保) は$1,000しかないので、20%下がると清算 (残高がゼロになること) になってしまいます。実際、市場が10%しか下落しなかったとしても、清算される可能性があるのです。正確な清算価値は、ご利用の取引所によって異なります。

清算されないためには、ウォレットに資金を追加して担保を増やす必要があります。ほとんどの場合、清算が行われる前に取引所からマージンコールが送られます (例: 資金を追加するようにというメールなど)。

レバレッジショートポジションの例

現在のBTC価格が$40,000だとすると、0.25BTCを借りて、それを売却したことになります。BTC価格が20%下落 ($32,000まで下落) した場合、わずか$8,000で0.25BTCを買い戻すことができます。この場合、$2,000の純利益 (手数料を差し引いた額) が獲得できます。

仮想通貨取引にレバレッジを使用する理由

トレーダーがレバレッジを利用するもう一つの理由は、資金の流動性を高めることです。例えば、1つの取引所で2倍のレバレッジをかけたポジションを保有する代わりに、4倍のレバレッジをかけて、より低い担保で同じポジションサイズを維持することができます。これにより、彼らは資金の残りの部分を別の場所で使うことができるようになります (例: 別の資産の取引、ステーキング、 分散型取引所 (DEX) への流動性の提供、NFTへの投資など)。

レバレッジ取引でリスク管理する方法

ストップロスや決済注文などの リスク管理戦略は、レバレッジ取引における損失を最小限に抑えるのに役立ちます。 ストップロス注文を使えば、特定の価格で自動的にポジションを閉じることができるので、相場が不利に動いたときに非常に便利です。ストップロス注文は、大きな損失からお客様を守ることができます。決済注文はその逆で、利益がある値に達すると自動的に決済されます。これにより、市況が転換する前に収益を確保することができます。

バイナンスにおけるマージントレードの利用方法

3. また、証拠金ウォレットへの資金振替が必要です。ローソク足チャートの下にある [担保振替] をクリックします。

4. 振替するウォレット、送金先の証拠金取引アカウント、振替するコインを選択します。金額を入力し、[確認] をクリックします。この例では、100 USDTをクロスマージンアカウントに振替しています。

5. 今度は右側のボックスに移動します。[クロス3倍] または [分離10倍] のいずれかを選択します。クロスマージンモードの証拠金はお客様の証拠金アカウント間で共有され、分離マージンモードの証拠金は取引ペアごとに独立した証拠金となります。この2つの違いの詳細については、このFAQの記事を参照してください。

6. [買い] (ロング) または [売り] (ショート) と レバレッジ取引 成行注文 など注文の種類を選択します。[借入] をクリックすると、クロスマージンアカウントに移した100 USDTが3倍の300 USDTになったことがわかります。

7. [合計] でUSDT、[金額] で買いたいBNBの金額を入力すると、レバレッジをかけたBNBを購入することができます。また、下のバーをドラッグして、使用可能な残高の割合を選択することもできます。すると、この取引で借りている金額が表示されます。[証拠金購入 BNB] をクリックして、ポジションをオープンにします。

暗号資産取引のDMM Bitcoin。現物取引1銘柄及びレバレッジ取引にて4銘柄の取扱いを開始! さらに入金&取引キャンペーンも開催!

DMMグループの株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口 仁、暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号 https://bitcoin.dmm.com/ )は、6月15日(水)より、以下のとおり現物取引において新たに「トロン(TRX)」及びレバレッジ取引において新たに4種類の暗号資産の取扱いを開始いたします。

価格配信及び取引開始は2022年6月15日(水)からになります。
現物取引においては、「トロン(TRX)」の取扱いを開始いたします。
レバレッジ取引においては、「トロン(TRX)」「カルダノ(ADA)」「ポルカドット(DOT)」「アイオーエスティー(IOST)」の4銘柄の取扱いを開始いたします。
これにより、DMM Bitcoinでは現物取引12種類、レバレッジ取引は国内最多(※1)の19種類の暗号資産取扱い数となります。
お客様にご満足いただけるサービスを目指し、今後も積極的に取扱い暗号資産の拡充を行って参ります。

■取扱い開始日時
2022年6月15日(水)臨時メンテナンス後より

4周年を迎え、皆様に日頃の感謝の気持ちを込めまして、現在開催中の「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」の第6弾として「400名に当たる!最大1万円プレゼント!入金&取引キャンペーン」を実施することをお知らせいたします。

■キャンペーン期間
2022年5月25日(水)7時00分~2022年7月1日(金)6時59分

■その他、キャンペーン情報
『新規口座開設完了で、もれなく全員に2,000円プレゼント!』キャンペーンも只今実施中です。

■「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」について
レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類数 国内No.1!(※1)
口座申込は最短5分!申込完了から最短1時間以内に取引開始!(※2)
口座維持手数料、ロスカット手数料、暗号資産送付手数料などが0円!
365日サポートで初心者でも安心!
※1:2022年5月現在、国内暗号資産交換業者及び第一種金融商品取引業者のWEBサイト調べ。
※2:『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をいただいた場合。

▼「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」公式サイト
URL: レバレッジ取引 https://bitcoin.dmm.com/

■口座開設までの流れ
DMM Bitcoinでの口座開設までの流れにつきまして、下記URLをご覧ください。
URL: https://bitcoin.dmm.com/about/opening_flow

■暗号資産のチャートやマーケットレポートをWEBサイトで公開中
DMM Bitcoinで取り扱っている銘柄のチャートをはじめ、マーケットレポートやクリプト指標など、お客様の暗号資産投資の参考としていただける情報を当社WEBサイトで公開しております。

________________________________________
金融庁のホームページ「暗号資産交換業者登録一覧(https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf)」に記載の留意事項について
本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点》
暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落し、損をする可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)の持つ話題性を利用したり、暗号資産(仮想通貨)交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

《取引にあたっての注意事項》
暗号資産(仮想通貨)は、支払いを受ける側の同意がある場合に限り、その支払いに使用することができます。
暗号資産(現物・レバレッジ)の取引手数料は無料です(ただし、BitMatch取引手数料は別途発生します)。レバレッジ取引は建玉を翌営業日まで持ち越すと、建玉金額の0.04%がレバレッジ手数料として発生します。手数料の詳細はこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/fee)をご覧ください。暗号資産(現物・レバレッジ)取引は、暗号資産(仮想通貨)価格の変動により損失が生じる可能性があります。レバレッジ取引においては、預託した証拠金額を上回る取引が可能である一方、暗号資産(仮想通貨)の急激な価格変動等により、預託した証拠金額を上回る損失が生じる可能性があります。
暗号資産(仮想通貨)レバレッジ取引に必要な証拠金は、各銘柄とも取引の額に対して50%以上となります。詳しくはこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/overview)をご覧ください。
暗号資産(現物・レバレッジ)の価格はスプレッド(売値(Bid)と買値(Ask)の差)があります。
上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。取引に際しては契約締結前交付書面等(https://bitcoin.dmm.com/use/agree)をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

▼会社情報
商号:株式会社DMM Bitcoin
暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の
レバレッジ取引におすすめの業者を比較!

GMOコイン公式サイト

このほか、 レバレッジ取引 bitFlyer(ビットフライヤー) や QUOINE(コイン) が運営する「Liquid(リキッド)」、楽天ウォレット、海外大手の日本法人フォビジャパンなどでも暗号資産のレバレッジ取引を取り扱っていますが、一部のレバレッジ取引取り扱い業者では、2020年5月に施行された改正金融商品取引法(以下、金商法)の関係で、これから口座開設しようとする新規ユーザーについては、現状、レバレッジ取引を利用することができません(※)。口座開設の際は、各社の案内をよく確認するようにしてください。

■暗号資産のレバレッジ取引の魅力とは?

口座名やサービス名は各社ごとに異なりますが、暗号資産の取引には、大きく分けると「現物取引」と証拠金で取引が可能な「レバレッジ取引」の2つがあります。

現物取引は買いから入って値上がりを待つしかありませんが、レバレッジ取引は売りからでも買いからでも取引を始められますので、上昇局面も下落局面も収益チャンスにすることが可能です。

また、証拠金で取引でき、自己資金以上のポジションを持つことが可能なので、資金効率が良いという点も大きな魅力でしょう。ただ、自分の思惑と相場が逆行すれば、大きなポジションを取った分、損失は拡大しやすくなりますから、その点に注意は必要です。

【暗号資産のレバレッジ取引の魅力】

・ 売りからでも買いからでも取引できる
・ レバレッジを効かせて資金効率の良い取引ができる

なお、各業者が提供する暗号資産のレバレッジ取引の主流は、業者とユーザーが取引する店頭取引(相対取引)です。レバレッジ取引について、業者が提供するインターネット上の暗号資産取引所に参加するユーザー同士で取引を行う取引所サービスを提供しているのは、 GMOコイン などの一部の業者に限られます。

■レバレッジ取引にかかるコスト。レバレッジ手数料とは?

暗号資産のレバレッジ取引では、外付けの取引手数料は無料が主流です(※)。売買時にかかるコストは売値と買値の差額であるスプレッドということになります。

外付けの取引手数料無料の代わり――というワケではないでしょうが、暗号資産のレバレッジ取引特有の手数料があります。それは、「レバレッジ手数料」や「スワップポイント」と呼ばれる手数料です。

これは、ポジション(建玉)をロールオーバー(翌営業日へ持ち越し)する際に発生するコストで、保有するポジションが売りでも買いでも等しく発生するのが一般的。

通常、現物取引ではレバレッジ手数料のような手数料はありません。レバレッジ手数料は、短期で売買する場合はそんなに気にならないかもしれませんが、中長期で保有するとなるとポジションのボリュームによっては負担に感じるかも。そんな手数料があるなんて知らなかった…なんてことにならないように、あらかじめ利用する業者のレバレッジ手数料を確認しておくことをおすすめします。

このほか、レバレッジ取引に設けられているロスカット(一定の水準まで含み損が膨らむと強制的に決済されるしくみ)についても、通常、手数料は無料とされているところが多いです。ただし、GMOコインの取引所サービスのように、一部ではロスカットにも、別途手数料がかかる業者がありますので、注意してください。

それぞれサービス内容に特徴がありますので、暗号資産を中長期でじっくり保有するなら現物取引で、短期で資金効率良く売買利益を狙うならレバレッジ取引でと、投資スタンスよって現物取引とレバレッジ取引の口座を使い分けるといいかもしれません。

この記事の関連情報

  • ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の 取引所/販売所を比較! レバレッジ取引 おすすめは?
  • FXチャート&レート:ビットコイン/円 日足
  • 2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの 仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」
  • 約2億円の利益!? ヨーロピアン氏がBTCを 200万円付近で決済できたのはなぜか?
  • ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。 早くて2019年に200万円超えへトライか?
  • ハイパーニート・ポイン氏はどのように 仮想通貨に出会い、億り人になったのか?

【注目】ザイFX!×ビットコインおすすめの仮想通貨取引所

  • 口座開設キャンペーンも実施中!ビットポイント(BITPOINT)レバレッジ取引 小額から暗号資産の取引を始めることができるBITPOINT!今なら口座開設キャンペーンも
  • トレイダーズ証券LIGHT FXコイン登場トレイダーズ証券LIGHT FXコイン 下落相場でも収益チャンス?!売りからでも取引できるトレイダーズ証券LIGHT FXコイン!

ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式フェイスブック
現在のいいね数 2809人

ザイFX!のtwitterをフォローする

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロワー数 110329人

「レバレッジ」の意味を分かりやすく解説! レバレッジ取引のメリット・デメリット

(2022/6/3更新)

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

(2022/5/27更新)

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

人気コラムキーワード

不動産投資用物件を検索する

注目のコラムランキング

  1. 投資シミュレーション【一括投資 VS 積立投資】収益性が高いのはどっち?
  2. 「仲介手数料は0.5カ月分が上限」判決が与える賃貸オーナーへの影響は?
  3. バブル経済とは?【バブル景気あるあるからバブル崩壊の原因まで】
  4. 20代の平均貯金額と中央値はいくら?|毎月手取りの10%を貯金するコツ
  5. 【徹底比較】不動産投資ローンに積極的な銀行・金利一覧とフルローンの現状

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の新着コラム

Pick UP パートナー企業

注目の不動産投資パートナー企業特集 賃貸経営の集客~出口戦略を徹底サポート!

一棟収益物件 売却査定サービス

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

仮想通貨のレバレッジ取引の上限倍率を20倍に引き下げることを業界上位2社の取引所「Binance」と「FTX」が発表

1) An effective margin system is integral to an efficient economic system.

There are limits to everything, though.

— SBF (@SBF_Alameda)

9) And so, after lots of back and forth, we're going to be the ones to take the first step here: a step in the direction the industry is headed, and has been headed for a while.

Today, we're removing high leverage from FTX. The greatest allowable will be 20x.レバレッジ取引

— SBF (@SBF_Alameda)

レバレッジ取引
さらに、バンクマン・フリード氏による一連のツイートの後、Binanceのチャンポン・ジャオCEOが自身のTwitterアカウントで「Binanceは2021年7月19日から新規ユーザーのレバレッジ取引の上限倍率を20倍に引き下げています」「上限倍率の引き下げは、今後数週間以内に既存ユーザーにも適用されます」と述べ、BinanceもFTXと同様にレバレッジ取引の上限倍率を20倍に引き下げる計画を実行中であるとアピールしています。

[email protected] futures started limiting new users to max 20x leverage last Monday, Jul 19th, 7 days ago. (We didn't want to make this a thingy).

In レバレッジ取引 the interest of Consumer Protection, we will apply this to existing users progressively over the next few weeks.

Stay #SAFU. .

— レバレッジ取引 CZ . Binance (@cz_binance)


加えてBinanceはオーストラリアドル、ユーロ、ポンドを用いた証拠金取引の停止を現地時間の2021年7月26日に発表しました。暗号資産関連メディアのProtosは「世界中の規制当局が暗号資産取引所への監視を強化しています。特に、Binanceはここ数週間以内にイギリス・ケイマン諸島・マルタ・日本の規制当局から警告を受けています」と述べ、FTXとBinanceが相次いでレバレッジ取引の上限倍率を引き下げた理由は、当局からの規制を回避するためだと指摘しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる