入門講座

システムトレード 基本と原則

システムトレード 基本と原則
画像引用:ブレント・ペンフォールド『システムトレード 基本と原則』パンローリング株式会社, 2011年,p388

システムトレード 基本と原則

We are sorry. We are not allowed to sell this product with the selected payment method

By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions Of Use and Privacy Notice and authorise Audible to charge your designated credit card or another available credit card on file.

Publisher's Summary

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

The Universal Principles of Successful Trading : Essential Knowledge for システムトレード 基本と原則 All Trading in All Markets

By Brent システムトレード 基本と原則 Penfold

Copyright © 2010 John Wiley & Sons (Asia) システムトレード 基本と原則 Pte. Ltd.

All Rights Reserved.

Japanese translation rights arranged with John Wiley & Sons (Asia) システムトレード 基本と原則 Pte. Ltd.through Japan UNI Agency, Inc., Tokyo

More from the same

Narrator

What listeners say about システムトレード 基本と原則

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.

Audible.システムトレード 基本と原則 com.au reviews

Amazon Reviews

20 Best Fantasy Audiobooks

This genre is so full of talent, it can be difficult to know what to listen to next — so look no further than this list to get you started.

Red Rising

The Name of the Wind

A Discovery of Witches

The Way of Kings

The Blade Itself

20 Best Nonfiction Audiobooks

From the entire history of humanity to astrophysics, to our gut and mental health, dig システムトレード 基本と原則 システムトレード 基本と原則 into this list and learn something new.

Sapiens

The Subtle Art of Not Giving a F*ck

This Is Going to Hurt

A Short History of Nearly Everything

How to Win Friends & Influence People

Best Australian Podcasts on Audible

Audible Original Podcasts are free for Audible members. Check out this list of home-grown システムトレード 基本と原則 content, from binge-worthy true crime to self-help.

Tame Your Inner Critic

Riot Act

John Safran vs The Occult

Habits for Happiness

Blood Territory

In the spirit システムトレード 基本と原則 of reconciliation, Audible Australia acknowledges the Traditional Custodians of country throughout Australia and their connections to land, sea and community. We pay our respect to their elders past and システムトレード 基本と原則 present and extend that respect to all Aboriginal and Torres Strait Islander peoples today.

システムトレードの基本と原則 | FX/CFD初級者向け書籍

t100sys

■目次
監修者まえがき
謝辞
序文
まえがき
はじめに
第1章 現実と向き合う
なぜトレーダーの90%は負けるのか
1年目によくする間違い
2年目によくする間違い
3年目によくする間違い
10%の勝ち組に入るには
まとめ
第2章 トレーディングの手順
トレーディングの手順
第3章 原則1――準備
最大の逆境
感情のコントロール
負けゲーム
相場のランダムな動き
最もうまく負ける人が勝つ
リスク管理
トレーディングパートナー
資金の限度
まとめ
第4章 原則2――自己啓発
破産リスクを避ける
トレーディングの聖杯を受け入れる
期待値
機会
単純さを追求する
ほとんどの人が恐れるところを進む
検証
まとめ
第5章 原則3――トレーディングスタイルを作る
トレーディングの種類
トレーディングの時間枠
自分のトレーディングスタイルを選ぶ
長期のトレンドトレーディング
短期のスイングトレード
長期のトレンドトレーディングと短期のスイング
トレード
まとめ
第6章 原則4――トレードを行う市場を選ぶ
取引関連リスクをうまく管理する条件
良いトレーディングの条件
まとめ

資金管理
売買ルール
心理
第8章 資金管理 システムトレード 基本と原則
マーチンゲール法による資金管理
逆マーチンゲール法による資金管理
カギとなる考え方
資金管理の由来
逆マーチンゲール法による資金管理の諸戦略 資金管理なしにフォレックストレーダーで1枚のトレードをする
フォレックストレーダーで固定リスク額による資金管理を用いる
フォレックストレーダーで固定資金による資金管理を用いる
フォレックストレーダーで固定比率による資金管理を用いる
1800万ドルの利益を求めるか150万ドルの利益を求めるか、それが問題だ
フォレックストレーダーで固定ユニット数による資金管理を用いる
フォレックストレーダーでウィリアムズの固定リスク率による資金管理を用いる
フォレックストレーダーで定率による資金管理を用いる
フォレックストレーダーで固定ボラティリティによる資金管理を用いる
どの資金管理戦略を選ぶべきか
エクイティモメンタムを使う
まとめ
第9章 売買ルール
裁量トレードかメカニカルトレードか
売買ルールを作る
トレンドトレーディング
すべての指標が悪いわけではない
だが、マーケットは変わらないのか?
複数の売買ルール
勝てる方法の基本的な特質
勝てる方法の例――タートル流のトレーディング戦略
客観的なトレンドツールの一例
フィボナッチ――事実か虚構か
プラシーボトレーダー
まとめ
第10章 心理
大多数の見方
希望をコントロールする
強欲をコントロールする
恐怖をコントロールする
苦痛をコントロールする
最大の逆境
まとめ
第11章 原則6――トレーディングを始める
まとめると
トレーディング――発注
まとめ
第12章 一言アドバイス
バランスをとる
マーケットの魔術師たち
レイ・バロス
マーク・D・クック
多様なトレーダーグループ
マイケル・クック
ケビン・デイビー
トム・デマーク
リー・ゲッテス
ダリル・ガッピー
リチャード・メルキ
ジェフ・モーガン
グレゴリー・L・モリス
ニック・ラッジ
ブライアン・シャート
アンドレア・アンガー
ラリー・ウィリアムズ
ダール・ウォン
多くのアドバイス

第13章 最後に システムトレード 基本と原則
付録A 破産確率のシミュレーター
付録B 破産確率のシミュレーター
付録C 破産確率のシミュレーション
ページのトップへ
■監修者まえがき

本テキストは再校時のものです。
本書はブレント・ペンフォールドによる“The Universal Principles of Successful Trading”の邦訳である。ここには「こうすれば儲かる」といったたぐいの話は一切書かれていない。代わりに解説してあるのは、マーケットのことや資金運用のことを何も知らない投資家が、思わぬ落とし穴にはまることなく必要な技術を身につけるための手順である。本書はこれからトレードや投資を行おうとする人向けの教科書なのである。
私はこれまでさまざまな相場書を読んできたが、本書以上に優れた初心者向けの相場教科書を知らない。もちろんこれまでにも、初心者向けの入門書はたくさん出版されてきた。だが、それらは特定のマーケットや運用手法に特化したものであったり、あるいは入門書とうたってはいるけれども実際には読者にかなりの高いレベルの経験や知識を要求するものであった。

普通、トレーディングではだれでも負ける。
文字どおり、だれでもだ。
FX取引であれ、株式、商品、オプション、ワラント、先物あるいは差金決済取引であれ、だれでも負ける。実際に勝っているえり抜きトレーダーでさえ、取引の多くで負けている。百パーセント確実というものはない。
そして、活発なトレーディングについて考えさせられる真実がここにある。長期的に見て一貫して利益を出しているのは、活発に取引を行う人の10%に満たない(おそらくそれよりもずっと少ない)のだ。トレーディングに関する大げさな宣伝を思い浮かべたあなたは、このことに驚くかもしれない。
魅力を感じていたのに、長期にわたって一貫して利益を出しているトレーダーが極めて限られているという事実にはがっくりさせられる。しかも、これは活発な取引を行うすべての人に当てはまる。どの市場や時間枠、銘柄を選んでトレードを行うかは関係ないのだ。極めて少数のトレーダーしか、長期的に一貫して利益を出していない。
ディナーパーティーの会話で、ほかの人が相場で大儲けしたと語るのを座って聞きながら、うらやましく思ったことがあるだろう。だがそんなものは無視してよい。彼らがトレーディングで勝ったと繰り返す誇らしげな声は無視すればよい。こうしたマーケットの戦士たちは、トレーディングの王者であるよりも、トレーディングの愚か者であることのほうが多いのだ。彼らは事実の半面しか語らない。彼らは話をゆがめる達人だ。大失敗は語らずに、勝ったことだけを繰り返す中身のない人々だ。自分の不運については明らかにしない。彼らは自分の愚かな行為については思い出さないのだ。彼らは大損について話さない。だが賭けてもよいが、彼らのほとんどは大損をしている。なぜなら、だれでも大損することがあるからだ。彼らは無視すべき人々だ。 これは残念な話だ。

あなたが何をどのようにトレードするかに関係なく、一貫して利益を出すためにはトレーディングの基本原則をしっかり守る必要がある。マーケットはマーケットであり、チャートはチャートだということを思い出さなければならない。だから、あなたがどの市場を選ぶか、どの時間枠に従うか、あるいはどの証券をトレードするかにかかわりなく、利益が出るトレーディングでまず必要なことは、良いトレーディングの手順を採用してそれに従うことだ。どの市場を監視し、どの銘柄をトレードすべきかということは、良いトレーディング手順を採用してそれに従うことに比べれば、大して重要ではない。つまるところ、それがトレーディングで成功する普遍的な原則だ。
それで、トレーディングで成功したいのなら、大多数の負け組と成功した勝ち組との違いは個々の仕掛けや手仕舞いの技術ではなく、彼らが普遍的な原則を用いているからだという単純な事実を理解し、受け入れる必要がある。
負けるトレーダーはこれを知らない。普遍的な原則を知らないのだ。彼らはまったく無知のままトレードを行って、負け続ける。まったくリスクのない、百パーセント確実な仕掛けのテクニックを探すことに集中し続ける。彼らはトレーディングで必ず守るべきカギとなる原則があることを知らない。

そんな風に一貫して惨めに負けるのはやめにしたくないだろうか? トレーダーが実際に一貫して利益を出せるようにする方法を学びたくはないだろうか? 一貫して信頼できるやり方で、利益を出し始めたくはないだろうか? うまくいかないトレーディング方法をあれこれ試すのはやめにして、実際にトレーディング方法をしっかりと信頼できるようにすることを学びたくはないだろうか? そうであれば、この本はあなた向きだ。
あなたがトレーディングでお金を稼ぎたいのなら、その方法を教えよう。基本に戻ってトレーディングで成功する普遍的な原則を。

しかし、初めに幾つか警告しておきたい。あなたが新しい仕掛けか損切りの逆指値、あるいは手仕舞いのテクニックを探しているのなら、この本はあなた向きではない。新しいテクニックを見つけて市場構造を分析しようと考えているなら、この本はふさわしくない。また、簡単に儲けられる方法を探そうとしているのなら、この本は向いていないし、私にあなたの手助けはできない。トレーディングや普遍的な原則は知ってしまえば比較的単純ではあるが、簡単というわけではない。一貫して長期的に利益を出せる、トレーディングへの簡単な近道などない。
あなたがトレーディングで確実性を求めているのなら、この本はあなた向きではないし、私はあなたを助けられない。マーケットに確実なことはないし、トレーディングにも確実なことはない。そこにあるのは、あらゆる可能性だけだ。あなたが信頼できる関係や安心できる職といった、確実性の高い環境でしかうまくやれない人なら、トレーディングはあなた向きではない。
あなたが間違っていることをめったに認めないインテリなら、トレーディングはあなた向きではない。なぜならマーケットとは、いつでも見くびられ、間違いを犯しがちなところだからだ。インテリは正解を知らないことや、コントロールできないこと、間違っていると繰り返し証明されることに苦痛を感じる。

この本を書いたのにははいくつかの理由がある。
まず、私の著書『トレーディング・ザ・SPI(Trading the SPI)』が予想外に好評だったからだ。その本はオーストラリアの「SPI」、つまり株価指数先物のトレードについての本だ。私はその本が十分に売れるほど、SPI指数先物の個人トレーダーはいないという事実を知っていた。この指数先物はオーストラリア最大の株の銘柄とはいえ、取引額の少ない個人トレーダーではなく、機関投資家が取引の圧倒的多数を占めている。それで、私の本がなぜ売れたのか、最初のうちは謎だった。だが、ようやくその理由が分かった。そして、その理由のためにこの本を書こうという気になったのだ。最初の本は3部構成だった。私はその第2部のせいで本が売れたのだと信じている。そこで私はトレーダーとして成功するために必要な準備について書いた。そこに私が書いたことを耳にしたトレーダーたちは、SPI指数先物取引に興味がなくても私の本を買ったのだ。彼らはトレーダーとして成功するためにどのような準備をしたらよいのか、もっと学びたがっていたのだ。トレーディングはトレーディングなのであり、第2部に書いた原則はあらゆる市場、あらゆるトレーダーに共通するものだったからだ。私は第2部がその本で最良の部分だといつも思っていた。その部分のおかげで本が成功したと今でも思っている。それで、この本を書いた第一の理由は、トレーディングで成功する普遍的な原則と私が名づけている、トレーダーの準備に関する普遍的なメッセージをもっと広い読者に伝えたかったからだ。

私がATIC(エイシャン・トレーダーズ・アンド・インベスターズ・コンファランス)に出席するためにシンガポールにいたとき、第二の理由が浮かんだ。私はオーストラリアの株式トレーダーであり、投資教育家で著者でもあるスチュアート・マクフィーと話をしていた。彼は著書『トレーディング・イン・ア・ナットシェル(Trading in a Nutshell)』を買ってもらうのがいかに難しいか、私に語った。私は彼の本を高く評価していたので、それは驚きだった。その本の第2版をユア・トレーダーズ・エッジ誌で書評したときにも、私はそのように書いた。「オーストラリア株」と表紙に書かれた本をシンガポール人は買いたがらないという点で、彼と私は共通していた。彼らはマクフィーに、シンガポールに住んでいる自分たちが「オーストラリア」の本を買うことにどういう価値があるか分からないと言った。彼も私も売買ルールを学ぶのに、どの株かは無関係だと知っていた。チャートはチャートであり、トレーディングの良い習慣のほうが、どの市場で取引するかよりも優先するからだ。だが初めてトレーディングをする人にとって、本の表紙で海外市場について触れていれば障害になり得る。これがこの本を書く第二の理由になった。私がどの国で講演するかに関係なく、私の講演に出席した人々が私の本を買って、私の売買ルールについてもっと学んでほしかった。

システムトレード 基本と原則

料金: 小学生以下:4000円✕3回程度
AEW ペンタゴン・ジュニア レイフェニックス フィギュア WWE 所要時間: 各回1時間程度 内容: プログラム終了後、再発・再燃の予防や今までの面接の振り返りを必要に応じて行います。実施しないこともあります。

プログラムお申し込み時のご注意

  • プログラムの上記料金は、いずれも親子一緒で来談した場合です。別々に来談した場合には、東京大学大学院教育学研究科附属心理教育相談室の料金表に基づいた金額をいただきます。
    ★HUF★98 Mix システムトレード 基本と原則 システムトレード 基本と原則 Corduroy 6 Panel Hat - Brown★キャップ
  • 受付面接時にご本人が来談できる方に限ります(保護者面接のみの実施や電話相談はお受けできません)。
  • 受付面接のみ、平日 10 時~17 時にお越しいただいております。ご調整をお願いします。
  • 7 歳未満、21 歳以上の方では認知行動療法プログラムをご利用いただけません(一般の心理相談として対応させていただきます)
  • 現在医療機関を受診されている場合には、主治医にご相談の上、許可が出てからお申込ください。紹介状もご用意ください。
  • 認知行動療法を実施する際には適用条件がございます。場合によっては適用できないと判断される場合もございますので予めご了承ください。
  • 当相談室は大学院生の研修機関となっています。面接を担当するのは臨床心理士有資格者、または資格取得を目指す大学院生で、臨床心理学の教員と相談の上で面接を担当いたします。
  • 研究参加のご案内をさせて頂くことがございます。予めご了承ください。ヴァイスシュヴァルツ #絵フブキ 白上フブキ サイン sp

お申し込み方法

ゾーン/システムトレード基本と原則/利食いと損切りのテクニック 3冊セット ビジネス/経済

電話番号: お金と時間と場所に縛られず、僕らは自由に働くことができる。微細なヤケスレキズ有り
ディオール Dior システムトレード 基本と原則 ルージュブラッシュ 364 ローズデライト 受付時間: タイヤチェーン ECO MESH Ⅱ FB11
ときどき、お休みの時があります。必ず開室予定をトップページ画面で確認して下さい。 内容: 「下山研究室の【子どもと若者の強迫性障害プログラム】に申し込みたい」 とお伝えください。
心理教育相談室は心理職を目指す大学院生の研修機関のため、ご利用につきましてはいくつか注意事項がございます。NARS ディスコダストリップ
お申込み情報としては、お名前、ご住所、お電話番号、生年月日、ご相談内容、初回面接の日程条件などを伺います。

システムトレード 基本と原則

© システムトレード 基本と原則 2022 MAVERICK RESEARCH. ALL RIGHTS RESERVED.

call us:
+233 20 96 96 988

This website システムトレード 基本と原則 uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish. Cookie settingsACCEPT

Privacy Overview

This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are as essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You システムトレード 基本と原則 also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience.

Necessary cookies are absolutely essential for the website to function properly. This category only includes cookies that ensures basic functionalities and security features of the website. These cookies do not store any personal information.

【書評】システムトレード 基本と原則 レビュー・まとめ

システムトレード 基本と原則

普遍的な原則で落とし穴を乗り越える

画像引用:ブレント・ペンフォールド『システムトレード 基本と原則』パンローリング株式会社, 2011年,p388

ピットの怪人

トレーディングの唯一本当の秘密は・・・・・・、最もうまく負ける人が最後は勝つ。-ピットの怪人

引用:ブレント・ペンフォールド『システムトレード 基本と原則』パンローリング株式会社, 2011年,p33

”The best loser is the long-term winner.”というのも、その一つです。

原則1 準備

  • 最大の逆境
  • 感情のコントロール
  • 負けゲーム
  • 相場のランダムな動き
  • 最もうまく負ける人が勝つ
  • システムトレード 基本と原則
  • リスク管理
  • トレーディングパートナー
  • 資金の限度

原則2 自己啓発

  • 破産リスクを避ける
  • トレーディングの聖杯を受け入れる
  • 単純さを追求する
  • ほとんどの人が恐れるところを進む
  • TEST(30通の電子メールでトレードをシミュレーション)の手順で期待値を検証する

原則3 トレーディングスタイルを作る

  • トレーディングの種類
  • トレーディングの時間枠
  • 自分のトレーディングスタイルを選ぶ
  • 長期のトレンドトレーディング
  • 短期のスイングトレード

原則4 トレードを行う市場を選ぶ

  • 取引関連リスクをうまく管理する条件
  • 良いトレーディングの条件

原則5 3本の柱

ウィリアムズの固定リスク率

  • 固定リスク額
  • 固定資金
  • 固定比率
  • ウィリアムズの固定リスク率
  • 定率
  • 固定ボラティリティ率

売買ルール

  • 占星術
  • サイクル理論
  • エリオット波動
  • フラクタル分析
  • システムトレード 基本と原則
  • ファンダメンタル分析
  • 幾何学的パターン
  • W・D・ギャン

現実主義者

  • ブレイクアウト分析
  • チャート分析
  • ダウ理論
  • 市場間分析
  • マーケットプロファイル
  • システムトレード 基本と原則
  • パターン分析
  • ピボット分析
  • 季節性
  • スプレッド分析
  • 統計分析
  • テープリーディング
  • 出来高分析

重要な4つの事実

    システムトレード 基本と原則
  1. トレンドに沿ってトレードを行うのが一番安全である
  2. トレンドが相場を動かし、全利益の基礎はトレンドだ
  3. トレードの67%で負けているトレンドトレーダーは哀れだ
  4. トレンドに沿ってトレードを行う方法は2つある
  • ブレイクアウトでトレードを行う
  • 押しや戻りでトレードを行う

さて、賢明なトレンドトレーディングの限界値として、あなたは常に最低でも勝率33%、損益レシオ3対1以上を維持するように目指すべきだ。

引用:ブレント・ペンフォールド『システムトレード 基本と原則』パンローリング株式会社, 2011年,p272

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる